12月
01
2013

一致団結して演技をしていた

先日、初めての学習発表会がありました!
…とは言っても、私の親友の子供なんですが。
私の子供と親友の子供、誕生日が2か月しか違わなく、学年も一緒で今までたくさん遊んだりしてきました。
もう、我が子同然の扱いの子なんです。
学習発表会前日に、緊張のあまり熱を出して寝込んでしまったその子。
大丈夫かなぁと思いながら当日を迎え、その子の通う学校へ行ってきました!

1年生は4クラスまであると聞いていたので、混雑してるかなぁと思いながら到着すると、意外とすいてる。
親友に聞くと、保護者は自分の学年の演技しかみれないとの事。
あぁ、だからこんなに空いてるのか!考えてるなぁ、と思っているうちに開演。
4月に入学したばかりの一年生が、一致団結して演技をしている姿をみると、こみ上げてくるものがありました。
友達と喧嘩した、先生に怒られた、忘れ物をした。
そんなことを言いながら日々友達と公園でアホな事をして遊んでる姿からは想像できないほど、一人一人が一生懸命演技していて、びっくりするくらい歌も踊りもぴたりと合っていて、いつの間にかこんなに大きく成長して、みんなと一緒に何かをするっていう事ができるようになったんだなぁと。
子供は親の見ていないところでこんなにも成長するのかと思うと、少しさみしくもありました。
そして、その子の出番。
いつもは控えめで恥ずかしがり屋で、人前に出て何かをするという事がすごく苦手な子が。
他の子をひっぱるように、ステージの真ん中に立っています。
その子がそんなに目立つ役をやるなんて、思いもしませんでした。
小さいころからの控えめな性格からは想像もできないほど、大きな声で堂々とセリフをいっています。
その瞬間涙腺が崩壊したかと思うくらいの大号泣。
結局最後まで涙は止まらず、親友もあきれるほどでした。
我が子の学習発表会はまだ先なので、その時のことを思うと(ちゃんと劇を見てあげられるのだろうか…)と心配になりましたが、我が子の成長した姿を楽しみに帰宅しました。
子供の成長は早いといいますし、その都度実感はしてきていますが、やっぱり子供の成長は早いなぁと何度も思う一日でした。

Comments are closed.